お役立ち情報

2024年7月8日

アライグマを見つけたときの対応とは?被害を防ぐための予防策や駆除方法について解説

アライグマを見つけたときの対応とは?被害を防ぐための予防策や駆除方法について解説

アライグマは、見た目のかわいらしさからは想像できないほどの被害をもたらします。住宅地では騒音や汚損、農業では作物被害、畜産業にも悪影響を及ぼすことがあります。

この記事では、アライグマの特徴と生態から被害の具体例、そしてその対策までを詳しく解説します。適切な対策を講じることで、アライグマによる被害を最小限に抑え、安全な生活環境を維持する方法を探りましょう。

アライグマの特徴と生態

まずは、アライグマの特徴と生態について理解した後、その生息地や行動パターンについて詳しく見ていきましょう。

アライグマの外見的特徴

アライグマは中型の哺乳類で、体長は約40〜70センチ、体重は5〜10キロ程度です。特徴的な外見として、黒いマスクのような目の周りの模様と、尾にある黒と白の輪状の模様が挙げられます。毛皮は灰色や茶色で、厚くふさふさしています。彼らの前足は非常に器用であり、人間の手のように物をつかんだり操作したりできるのも特徴の1つです。アライグマのこの独特な外見は、多くの人々に親しまれています。

アライグマの生息地と生活環境

アライグマはもともと北アメリカを原産としますが、近年では日本各地でも生息が確認されています。日本では、主に都市部やその周辺地域で見られることが多いです。特に東京や大阪などの大都市では、ゴミ箱や住宅地で食べ物を探す姿が目撃されています。アライグマは適応力が非常に高く、森林や農村部、さらには都市の公園や庭など、さまざまな環境で生活しています。

また、水辺を好む傾向があり、川や池の近くで頻繁に見かけることがあります。日中は木の洞や建物の隙間などで休息をとり、夜になると活動を開始します。

アライグマの行動パターンと習性

アライグマは非常に好奇心が強く、賢い動物です。夜行性であり、夜間に活動し、食べ物を探します。食性は雑食性で、昆虫、小動物、果物、ナッツ、さらには人間のゴミまで幅広く食べます。また、水で食べ物を洗う習性があることでも知られています。独立心が強く、単独で行動することが多いですが、冬場は複数の個体が一緒に過ごすこともあります。アライグマはその賢さと器用さで、都市環境にも上手に適応しています。

参考:環境省「特定外来生物アライグマ

アライグマがもたらす被害

一見かわいらしい外見のアライグマですが、その実態は深刻な問題を引き起こす可能性があります。ここでは、アライグマがもたらす具体的な被害とその影響について詳しく説明します。

  • 人の生活への被害:騒音や糞尿による汚染、家屋の破損や汚損
  • 農作物への被害:農作物が食べられる
  • 畜産業・養殖業への被害:乳牛、鶏への危害

人の生活への被害:騒音や糞尿による汚染など

アライグマは夜行性であり、夜間に活動するため、住宅地において騒音被害をもたらすことがあります。屋根裏や壁の中に住み着くことがあり、その結果として夜中に走り回る音や引っ掻く音が聞こえます。

また、糞尿による汚染も深刻な問題です。アライグマの糞尿は悪臭を放つだけでなく、病原菌を含んでいることがあり、衛生的な問題を引き起こします。さらに、家屋の破損や汚損も大きな被害の一つです。アライグマは屋根や壁に穴を開けて侵入し、断熱材や配線を破壊することがあります。これらの行動は修理費用の増加を招き、住環境の快適さを損ないます。

農作物への被害:農作物が食べられる

アライグマは雑食性であり、農作物を食べることが多々あります。特に果物や野菜、トウモロコシなどが被害を受けやすいです。農家にとっては、収穫前の作物が食べられることで経済的な損失が発生します。

また、アライグマは夜間に畑に入り込み、熟した果物や野菜を食べるだけでなく、未熟な作物もかじってしまうため、広範囲にわたって被害が出ることがあります。また、一度に大量の作物を食べるだけでなく、複数の個体が同時に畑に侵入することで、被害がさらに拡大することもあります。

畜産業・養殖業への被害:乳牛、鶏への危害

アライグマは畜産業や養殖業にも影響を与えることがあります。特に乳牛や鶏などの家畜に対して危害を加えることが知られています。アライグマは鶏小屋に侵入し、鶏を襲ったり、卵を盗んだりすることがあります。このような被害は、鶏の減少やストレスによる産卵率の低下を引き起こします。

また、乳牛に対しても糞尿を通じて病原菌を広げる可能性があり、健康問題を引き起こすことがあります。これにより、畜産業者は予防措置や被害対策に多大な労力と費用を費やさなければならなくなります。

参考:農林水産省「新農林水産省生物多様性戦略検討会 (令和2年度~)検討会設置要領」

アライグマの駆除・対策はプロにおまかせ

家に現れたアライグマなどの害獣を放っておいたり、一時的な対処で済ませたりすると家や生活に多くの影響が出てしまいます。そんなときに頼れる専門家がいると心強いですよね。「駆除の達人」は、その名の通り、害獣対策のプロフェッショナルです。害獣による被害、駆除にお困りの方はお見積もりも無料ですので、お気軽にご相談ください。

アライグマを見つけた場合の対応

次に、アライグマを見つけた場合の主な対処法3つを紹介します。

  • 静かにその場を離れる・距離を保つ
  • エサを与えたり、頭をなでたりしない
  • 害獣駆除業者に連絡する

静かにその場を離れる・距離を保つ

アライグマを見つけたときは、まず冷静に行動することが大切です。アライグマは野生動物であり、人間に慣れていない場合は驚いて攻撃的になることがあります。特に、親子連れのアライグマは非常に敏感です。そのため、アライグマに近づかず、静かにその場を離れましょう。声を上げたり急な動きをすることは避け、落ち着いて行動することが重要です。また、アライグマがいる場所を覚えておき、他の人にも注意を促すとよいでしょう。

エサを与えたり、頭をなでたりしない

アライグマはかわいらしい見た目をしていますが、決してエサを与えたり触れたりしてはいけません。エサを与えることは、アライグマを人間の生活圏に引き寄せ、依存させる原因となります。これにより、アライグマが人間の食べ物を求めて頻繁に現れるようになり、さらなる被害を引き起こします。

また、アライグマは病気を持っている可能性があり、直接触れることで感染リスクが高まります。安全のため、アライグマとの接触は避けるようにしましょう。

害獣駆除業者に連絡する

アライグマを見つけた際には、専門の害獣駆除業者に連絡するのが最も安全かつ確実な方法です。駆除業者はアライグマの取り扱いに慣れており、適切な方法で捕獲や移動を行うことができます。

自治体によっては、アライグマの駆除や対策についてのサポートを提供している場合もありますので、地域の役所や環境保護団体に相談するのもよいでしょう。自分で対処しようとすると、アライグマや自分に危険が及ぶことがあるため、専門家に任せることをおすすめします。

参考:我孫子市公式ウェブサイト「アライグマがいるのですが、どうしたら良いですか?

アライグマによる被害を防ぐための予防策

アライグマから自身や大切な生活環境を守るための予防策について詳しく解説します。これらの予防策を適切に行うことで、アライグマから生じるさまざまな問題を未然に防ぐことが可能です。

  • 侵入口を防ぐ
  • ねぐらをなくす
  • わなを設置する
  • ゴミ管理の徹底と農地周辺の用水路や排水路などを清掃する
  • 手洗いを徹底する

侵入口を防ぐ

アライグマが家屋に侵入しないようにするためには、建物の隙間や穴を徹底的に塞ぐことが重要です。特に屋根裏や基礎部分、壁の隙間はアライグマが入り込みやすい場所です。これらの箇所を金網や強化された素材で覆うことで、侵入を防ぐことができます。

また、ドアや窓を常に閉めておくことや、ペットドアを使用する際には注意が必要です。定期的な点検を行い、新たな侵入口がないか確認することも大切です。

ねぐらをなくす

アライグマが住み着く場所を作らないようにするためには、庭や建物周辺の環境整備が欠かせません。特に、木の枝や雑草、放置された物品などがあると、アライグマにとって絶好のねぐらになります。庭を整理整頓し、木の枝を剪定することで、アライグマが隠れる場所を減らすことができます。

また、建物の下や倉庫など、アライグマが潜り込みやすい場所にも注意を払い、可能であればそのような場所を封鎖しましょう。

わなを設置する

アライグマを捕獲するために、わなを設置することも有効な方法の一つです。ただし、わなを使用する際は法律に従い、適切な手続きを踏むことが重要です。多くの場合、専門の駆除業者に依頼することで、安全かつ効果的にアライグマを捕獲できます。

駆除業者は適切なわなの選定や設置方法を熟知しており、アライグマを安全に取り扱うための知識と経験を持っています。

ゴミ管理の徹底と農地周辺の用水路や排水路などを清掃する

アライグマは食べ物の匂いに引き寄せられるため、ゴミ管理の徹底が非常に重要です。ゴミは密閉容器に保管し、屋外に放置しないようにしましょう。

また、農地周辺の用水路や排水路を定期的に清掃し、食べ物の残骸やゴミを取り除くことも効果的です。これにより、アライグマが食べ物を求めて集まることを防げます。清掃を怠ると、アライグマの活動範囲が広がり、被害が拡大する恐れがあります。

手洗いを徹底する

アライグマは病原菌を持っていることがあり、接触による感染リスクがあります。そのため、アライグマに触れた後や、アライグマが触れた可能性のある場所に触れた後は、必ず手洗いを徹底しましょう。石鹸と水を使ってしっかりと手を洗うことで、病気の感染リスクを大幅に減らすことができます。

特に子供や高齢者など、免疫力が低い人は注意が必要です。手洗いの習慣を徹底することで、安全にアライグマの被害を防げます。

参考:千葉県「特定外来生物 アライグマ なぜ問題なのか」

アライグマのことなら「駆除の達人」にご相談ください

駆除の達人

アライグマなどの害獣駆除には即日駆除も可能な「駆除の達人」がおすすめ。

メールフォーム・電話で24時間問い合わせ可能なので、まずは無料見積もり相談を受けてみましょう。

【駆除の達人の3つの強み】

  • 最短20分で到着
  • 自社施工で安くて高品質な施工を実現
  • 最長10年間の再発防止保証がある

駆除費用、殺菌・消毒費用、清掃費用、出張費用、深夜料金、休日料金、すべて込みで7,700円からの対応が可能です。

見積もり料金も無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

アライグマはそのかわいらしい外見とは裏腹に、多くの被害をもたらす可能性があります。住宅や農作物、家畜への被害を防ぐためには、侵入口を防ぎ、ねぐらをなくし、適切なゴミ管理を行うことが重要です。アライグマを見つけた場合は、エサを与えたり触れたりせず、専門の駆除業者に連絡することが最善の対応です。私たちの生活環境と健康を守るため、適切な予防策と対応を心がけましょう。