お役立ち情報

2024年7月8日

クマネズミとは?人間の生活への被害や効果的な駆除方法などについて解説

クマネズミとは?人間の生活への被害や効果的な駆除方法などについて解説

クマネズミは、都市部で頻繁に見られる小動物で、非常に高い適応能力を持ちます。クマネズミは食物を求めて建物内に侵入し、私たちの生活に多大な影響を与えます。

本記事では、クマネズミの特徴や生態、そして効果的な駆除方法について詳しく解説します。クマネズミによる被害を防ぐための具体的な対策を学び、快適な生活環境を守りましょう。

クマネズミとは?都市部に生息する雑食系

都市部で生息するクマネズミの生態について詳しく解説します。その定義と特徴、主な生息地、生態と行動について理解を深めましょう。

クマネズミの定義と特徴

クマネズミは、都市部を中心に広く生息するネズミの一種です。その体型は細長く、尾が体よりも長いのが特徴です。毛色は黒褐色から灰色まで様々で、耳は大きくて目立ちます。雑食性であり、非常に幅広い食物を摂取します。

また、非常に俊敏で、狭い隙間をすり抜ける能力に優れています。都市部でよく見られるのはその適応力の高さからであり、人間の生活環境にうまく溶け込んでいます。

主な生息地

クマネズミは、主に都市部やその周辺に生息しています。ビルや住宅、店舗、倉庫など、人間の活動が盛んな場所を好みます。また、地下道や下水道、ゴミ捨て場など、暗くて湿気の多い場所も好みます。特に都市部では、食料や隠れ場所が豊富にあるため、クマネズミの数が増えやすいです。

一方で、農村部や森林などの自然環境でも見られることがありますが、その数は都市部に比べて少ないです。

クマネズミの生態と行動

クマネズミは夜行性で、昼間は隠れ家に身を潜め、夜になると活発に行動します。群れで生活することが多く、仲間とのコミュニケーションには超音波を用いると言われています。また、非常に知能が高く、トラップを回避する能力にも優れています。食物を求めて長距離を移動することもあり、その適応力から新しい環境に迅速に適応します。

さらに、繁殖力も高く、一度に多くの子供を産むことができるため、短期間で個体数が増える傾向にあります。

参考:国立環境研究所 侵入生物「クマネズミ」
参考:葛飾区公式サイト「ねずみの種類と特徴」
参考:東京福祉保険局「都民のためのねずみ防除読本」

日本の家屋で見られるネズミの種類

それでは、日本の家庭などで主に見られるネズミの種類について詳しく見ていきましょう。

  • ドブネズミ
  • ハツカネズミ

ドブネズミ

ドブネズミは、クマネズミと並んで日本の家屋でよく見られるネズミの一種です。体長はクマネズミより大きく、太くて短い尾を持っています。毛色は一般的に灰色から茶色で、耳は小さめです。

ドブネズミも雑食性で、人間の食べ物やゴミを漁ります。特に下水道やゴミ捨て場などの湿った場所を好みます。繁殖力が強く、一度に多くの子供を産むため、短期間で個体数が増加します。

参考:国立環境研究所 侵入生物データベース「ドブネズミ」
参考:葛飾区公式サイト「ねずみの種類と特徴」
参考:環境省 北海道地方環境事務所「令和5年度国指定天売島鳥獣保護区におけるドブネズミのモニタリング及び防除手法検討等業務に係る仕様書」

ハツカネズミ

ハツカネズミは、クマネズミやドブネズミよりも小型のネズミです。体長は10cm前後で、尾の長さは体とほぼ同じかそれよりも短いです。毛色は一般的に白から茶色で、耳は大きくて丸い形をしています。

ハツカネズミも雑食性で、穀物や果物、昆虫などを食べます。屋内外を問わず活動し、特に家屋の隙間や壁の中などに巣を作ることが多いです。繁殖力が高く、一年中繁殖活動を行うため、個体数が増えやすいです。

参考:国立環境研究所 侵入生物データベース「クマネズミ」
参考:葛飾区公式サイト「ねずみの種類と特徴」

クマネズミの生息環境

クマネズミの生活習慣を理解することは、クマネズミとの共存や、適切な駆除方法を見つけるために重要です。ここからは、クマネズミの食性、繁殖と成長、社会構造と縄張りについて詳しく見ていきましょう。

都市部でのクマネズミの生息状況

都市部では、クマネズミはビルや住宅、店舗、倉庫などの人間の活動が多い場所に生息しています。ゴミ捨て場や下水道なども利用し、人間の出す食べ物やゴミを主な食料源としています。都市部は隠れ場所や食料が豊富であり、クマネズミの数が増えやすい環境です。また、ビルや住宅の隙間を巧みに利用して巣を作り、夜間に活発に活動します。

自然環境でのクマネズミの生息状況

自然環境では、クマネズミは森林や草原などに生息しています。しかし、都市部に比べて食料や隠れ場所が少ないため、個体数は少なめです。自然環境でのクマネズミは、果物、小動物などを食べて生活しています。都市部に比べて移動範囲が広く、季節によって活動パターンが変わることが多いです。

季節ごとの生息パターン

クマネズミは、季節ごとに活動パターンを変えます。夏季は活動が活発で、食料や水を求めて広範囲を移動します。一方、冬季は寒さを避けるために隠れ家にこもりがちになります。また、冬季は繁殖活動が減少し、個体数の増加も抑えられることが多いです。季節による気温や食料の供給状況に応じて、クマネズミの行動や生息地も変化します。

参考:国立環境研究所 侵入生物データベース「クマネズミ」
参考:東京都多摩府中保健所「ねずみ対策 クマネズミってご存じですか」

住み着いたネズミの駆除・対策はプロにおまかせ

住み着いてしまったネズミなどの害獣を放っておいたり、一時的な対処で済ませてしまったりすると家や生活に多くの影響が出てしまいます。そんなときに頼れる専門家がいると心強いですよね。「駆除の達人」は、その名の通り、害獣対策のプロフェッショナルです。害獣による被害、駆除にお困りの方はお見積もりも無料ですので、お気軽にご相談ください。

クマネズミの生活習慣

クマネズミがどのような食事をするのか、どのように繁殖し成長するのか、そしてどのような社会構造と領域を持つのかについて掘り下げていきます。

食性と主な食べ物

クマネズミは雑食性で、非常に幅広い種類の食べ物を摂取します。人間の食べ物やゴミ、穀物、果物など、手に入るものは何でも食べます。特に都市部では、人間が捨てる食べ物やゴミが主な食料源となっています。

また、家屋の中では食品の貯蔵庫やキッチン周りを荒らすことが多いです。食料を見つけるために、夜間に活発に動き回ります。

繁殖と成長

クマネズミは繁殖力が非常に高く、短期間で個体数を増やすことができます。メスは一度に多くの子供を産み、妊娠期間も短いです。生後数週間で子供たちは独立し、自分で食料を探し始めます。繁殖期は一年中続きますが、特に暖かい季節に繁殖活動が活発になります。繁殖力の高さから、対策を怠ると短期間で個体数が爆発的に増加することがあります。

社会構造と縄張り

クマネズミは群れで生活することが多く、社会構造を形成しています。群れの中では、優位な個体が縄張りを持ち、他の個体はその指導のもとで生活します。縄張りは食料の供給状況や隠れ場所の数によって変わり、群れ同士の縄張り争いが起こることもあります。また、個体同士のコミュニケーションには超音波が使われ、危険を察知した場合には仲間に知らせることができます。

参考:東京都多摩府中保健所「ねずみ対策 クマネズミってご存じですか」

クマネズミによる主な被害

クマネズミによる被害の具体的な内容を理解することで、適切な防止策を立てることが可能になります。

  • 人間への影響:病原菌などの感染症を媒介
  • 農作物やインフラへの被害:食材や商品を食い散らかす

人間への影響:病原菌などの感染症を媒介

クマネズミは多くの病原菌を保有しており、人間に感染症を伝染させるリスクがあります。例えば、サルモネラ菌やレプトスピラ菌、ハンタウイルスなどが含まれます。これらの病原菌は、ネズミの排泄物や咬傷、食べ物の汚染を通じて人間に感染することがあります。

また、アレルギー反応を引き起こす原因にもなり得ます。特に都市部では、ネズミが人間の生活空間に侵入しやすいため、感染症のリスクが高まります。

農作物やインフラへの被害:食材や商品を食い散らかす

クマネズミは農作物やインフラにも多大な被害を与えます。農業地帯では、穀物や果物、野菜などを食い荒らし、収穫量を減少させることがあります。

また、貯蔵施設や倉庫に侵入し、食材や商品を食い散らかすこともあります。さらに、電気ケーブルや配管をかじることで、火災や水漏れなどのインフラの損害を引き起こすことがあります。これらの被害は経済的な損失につながり、対策が求められます。

参考:仙台市「ネズミ・クマネズミ

困った害獣問題に頼れるパートナー

多くの方が日々の生活の中で害獣に悩まされています。そんなときに頼れる専門家がいると心強いですよね。「駆除の達人」は、その名の通り、害獣対策のプロフェッショナルです。困ったときに安心して依頼できるサービスを提供しています。

クマネズミの対策と駆除

ここからは、クマネズミの対策と駆除について、具体的な方法をいくつか紹介します。

  • プロフェッショナルな害獣駆除業者の利用
  • 侵入経路を防ぐ
  • 餌となる食べ物をなくす
  • 巣づくりの場所や材料を与えない
  • 毒餌(殺鼠剤)による駆除
  • 忌避剤(スプレー、くん煙剤など)で追い払う
  • 超音波や電磁波で追い払う
  • 強い光を当てる

プロフェッショナルな害獣駆除業者の利用

場合によっては、専門的な知識を持つ害獣駆除業者に依頼することも有効な対策です。プロの業者は、ネズミの生態や行動を熟知しており、あらゆる状況に対応できる技術や経験を持っています。

また、最新の駆除方法や道具も用いることができます。ただし、業者に依頼する際は費用やサービス内容をしっかり確認しましょう。信頼できる業者を選ぶためにも、口コミや評価をチェックすることも重要です。

侵入経路をふさぐ

クマネズミの侵入を防ぐには、まず建物の隙間や穴を徹底的にふさぐことが重要です。ネズミはわずか1cmの隙間でも通り抜けることができるため、窓やドアの隙間、配管周り、通気口などのチェックを怠らないようにしましょう。

特に古い建物では、壁や床のひび割れや隙間が多くなりがちですので、定期的な点検と補修が必要です。また、金網やスチールウールを利用して隙間をふさぐことも効果的です。

餌となる食べ物をなくす

クマネズミは雑食性で、食べ物を求めて建物内に侵入します。そのため、食べ物をしっかりと管理することが必要です。キッチンや食品庫では、食材を密閉容器に保管し、食べ物の残りカスやゴミを放置しないようにしましょう。

特に夜間は、ゴミをふた付きの容器に入れ、こまめに処分することが大切です。また、ペットの餌もクマネズミの餌となるため、食べ残しはすぐに片付けるようにしましょう。

巣づくりの場所や材料を与えない

クマネズミは暖かくて安全な場所に巣を作ります。家の中に不要な物や紙、布などを放置していると、これらが巣作りの材料となってしまいます。定期的に家の中を整理整頓し、不要なものを処分することで、巣作りの材料を減らすことができます。

また、家具や収納スペースの裏など、隠れやすい場所も点検し、必要に応じて掃除や整理を行うことが効果的です。

毒餌(殺鼠剤)による駆除

毒餌を使った駆除は、効果的な方法の一つです。市販の殺鼠剤をクマネズミが通る場所に設置し、食べさせることで駆除します。ただし、殺鼠剤は他の動物や子供が誤って口にしないように、設置場所に十分注意が必要です。

また、クマネズミが警戒して食べない場合もあるため、餌の種類や設置場所を工夫することが求められます。定期的に毒餌の効果を確認し、必要に応じて補充や変更を行いましょう。

忌避剤(スプレー、くん煙剤など)で追い払う

忌避剤を使用することで、クマネズミを追い払うことも可能です。スプレータイプの忌避剤は、クマネズミが通りそうな場所や巣の近くに散布することで効果を発揮します。

また、くん煙剤は広範囲に使用でき、建物全体に行き渡らせることで、ネズミを一斉に追い出すことができます。忌避剤は人間やペットに対しても安全なものが多く、市販されているため手軽に使用できるのが利点です。

超音波や電磁波で追い払う

超音波や電磁波を利用した機器も、クマネズミの駆除に効果的です。これらの機器は、ネズミが嫌がる音波や電磁波を発生させることで、寄り付かなくする効果があります。設置が簡単で、電源を入れるだけで持続的に効果を発揮するため、手間がかかりません。

また、毒や化学物質を使用しないため、安全性も高いです。ただし、ネズミが音波や電磁波に慣れてしまう場合があるため、他の方法と併用することが推奨されます。

強い光を当てる

クマネズミは暗い場所を好むため、強い光を当てることで追い払うことができます。特に夜行性のネズミは光を嫌がるため、巣の近くや通り道に強力な照明を設置することが効果的です。動きを感知して自動で点灯するセンサーライトを利用すると、ネズミの活動を抑制する効果が高まります。また、定期的に照明の場所を変えることで、ネズミが慣れてしまうのを防ぐことができます。

参考:東京都多摩府中保健所「ねずみ対策 クマネズミってご存じですか」

クマネズミの駆除には24時間・即日対応可能の駆除の達人がおすすめ!

駆除の達人

クマネズミの駆除には即日駆除も可能な「駆除の達人」がおすすめ。

メールフォーム・電話で24時間問い合わせ可能なので、まずは無料見積もり相談を受けてみましょう。

【駆除の達人の3つの強み】

  • 最短20分で到着
  • 自社施工で安くて高品質な施工を実現
  • 最長10年間の再発防止保証がある

駆除費用、殺菌・消毒費用、清掃費用、出張費用、深夜料金、休日料金、すべて込みで7,700円からの対応が可能です。

見積もり料金も無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

クマネズミは都市部で広く見られるネズミの一種で、食物を求めて人間の住環境に侵入し、多大な被害をもたらします。そのため、効果的な対策と駆除が重要です。侵入経路をふさぎ、餌となる食べ物を取り除き、巣作りの場所を与えないことが基本です。

また、毒餌や忌避剤、超音波、強い光などを組み合わせることで、効率的に駆除できます。適切な対策を講じて、クマネズミから住環境を守りましょう。